泉州道場は「いじめられない、いじめない」をモットーに日々の指導を行っております。

空手を習おうかな? 空手を習わせようかな? とお考えの方は多かれ少なかれ「肉体面の強さだけでなく”精神面の強さ”」の希望があると思います。

泉州道場と他道場の違いはその希望を大切にし、心が強くなるように、フニャフニャモジモジから抜け出せるように、を重視して指導に当たっています。

・姿勢正しく過ごすこと

・大きな声で返事、挨拶をすること

・大きな気合いを出して常に一生懸命稽古すること

・先輩が後輩に優しく親切にすること

・良いところ、出来たことを褒め、認め、自信を持つ指導をすること

・自分の意見を口に出して、ハキハキと話せるようになること

・あきらめないこと、くさらないこと

​これらを当道場で学び稽古を続けていくことで子供はもちろん大人も例外なく必ず自信がつき、伸びていきます。

是非とも当道場の稽古の様子をいつでもお気軽に見にいらして下さい。

明るく楽しい中にもメリハリをつけ規律ある稽古をする中で、段階を追って少しずつスキルアップ、レベルアップしていきます。

保育士歴10年、介護福祉士歴5年

上級救命救急講習受講の女性代表者が当道場の全ての支部、スポーツクラブも直接指導します。

保育目線、療育目線、母親目線、女性目線で細やかな指導を心がけております。

また当道場は最低でも黒帯までは辞めずに頑張って続けていくことを目標としておりますので、道場選びに関しては慎重にご判断いただきたいと考えております。

ちょっとの事、小さな事ですぐに「もう辞めよう」と投げ出したり「今度はこの習い事に変えてみよう」「今度はこの流派の空手道場に変えてみよう」というようなお考えの方への入会はお薦めしません。

いろいろな習い事、いろいろな空手道場を見学、体験しそれでも泉州道場で空手の修行をしたい、空手を習わせたいと思われたらいつでもお越しいただきたいと思います。

入会した門下生は自身の子供同様に大切な弟子として向き合い「泉州道場で空手を習っていて良かった!習わせて良かった!」と思える指導をさせていただくのが私の信念です。

いじめられっこ、不登校、発達障がい、自分に自信が持てない方

「世の中生きにくいな」「うちの子は大人になったときに生き抜いていけるんだろうか?」と不安な方、

​泉州道場で強く明るい人間に変わりませんか?